NEW 2017/2/20

    ホーム  を更新しました。

 NEW 2017/2/12   

    ブログ を更新しました。

 

●朝日新聞全国版2017年1月28日掲載されました

●朝日新聞デジタル版2017年1月4日掲載されました

変な臭いすれば飲まない 中毒事故防止へ園児が「約束」

 

 横浜市泉区の緑園なえば保育園で、薬剤などによる中毒や窒息事故を防ぐためには、どんな点に気をつけたらよいのかを子どもたちが学んだ。

 同園では今年度、子どもの事故予防に取り組む非営利団体「Safety Kids いずみ」がさまざまな事故の予防に関する教室を開いている。11月の教室には、年長の園児25人が参加。講師は、神奈川県横須賀市米海軍消防隊に長く勤めた経験をもつ長谷川祐子さんと、日本技術士会「子どもの安全研究グループ」の小西義昭さんが務めた。

 


●朝日新聞デジタル版2016年11月24日掲載されました

園児の服に火が付いた、どう消す? 子ども自身が学ぶ

  

着ている服に火がついてしまったら、どうやって消せばいい? 火災が起きた時の対処を子どもたちが学ぶ講習会が10月中旬、横浜市の保育園で開かれた。

 参加したのは、緑園なえば保育園(同市泉区)の3~5歳児72人。

 

続きは、朝日新聞デジタル版にて!


●朝日新聞デジタル版2016年10月10日掲載されました

「ブレーキOK!」 園児が自転車講習会に参加

 

 横浜市泉区の緑園なえば保育園で9月、自転車に安全に乗るための講習会が開かれた。園児がヘルメットをかぶることの重要性やブレーキ点検の方法を学んだ。

 同園では今年度、子どもの事故予防に取り組む非営利団体「Safety Kids いずみ」が、さまざまな事故予防のための教室を開いている。

 この日参加したのは、年長クラスの園児25人。講師の長谷川祐子さん(64)の指導を受けながら、園のホールで1人ずつ、タイヤの空気がしっかり入っているか

▽サドルにまたがって両足が地面につくか

▽ブレーキレバーを無理なく握れるか、などをチェック。

「ブレーキOK!」などと声を上げて安全を確かめていた。

 

つづきは朝日新聞デジタル版にて!