NNEW 2016/11/25

    ホーム  を更新しました。

NEW 2016/11/28 

    ブログ を更新しました。

 

●朝日新聞デジタル版2016年11月24日掲載されました

園児の服に火が付いた、どう消す? 子ども自身が学ぶ

  

着ている服に火がついてしまったら、どうやって消せばいい? 火災が起きた時の対処を子どもたちが学ぶ講習会が10月中旬、横浜市の保育園で開かれた。

 参加したのは、緑園なえば保育園(同市泉区)の3~5歳児72人。

 

続きは、朝日新聞デジタル版にて!


●朝日新聞デジタル版2016年10月10日掲載されました

「ブレーキOK!」 園児が自転車講習会に参加

 

 横浜市泉区の緑園なえば保育園で9月、自転車に安全に乗るための講習会が開かれた。園児がヘルメットをかぶることの重要性やブレーキ点検の方法を学んだ。

 同園では今年度、子どもの事故予防に取り組む非営利団体「Safety Kids いずみ」が、さまざまな事故予防のための教室を開いている。

 この日参加したのは、年長クラスの園児25人。講師の長谷川祐子さん(64)の指導を受けながら、園のホールで1人ずつ、タイヤの空気がしっかり入っているか

▽サドルにまたがって両足が地面につくか

▽ブレーキレバーを無理なく握れるか、などをチェック。

「ブレーキOK!」などと声を上げて安全を確かめていた。

 

つづきは朝日新聞デジタル版にて!


●学研ソトイコ2016年4号に掲載されました

学研で発行されている「ソトイコ」に載りました。

この中で、防災の知識を届ける「知っておこう」と共に「自分を守る方法、人を助ける方法」としてこの夏、神奈川県消防学校にて少年消防クラブに教えたクリビングをご紹介しています。

 最新号「2016年秋4号」のページより確認ができます。ぜひご覧ください。

 

先日のブログにも紹介しておりますが、シブヤフェスでもご覧いただけたように実地訓練も行っております。次回は大阪市福島区にて11月5日実施いたします。皆さんにお会いするのを待っています。

 

 

●朝日新聞デジタル版2016年8月9日掲載されました

「本当に浮いた!」 水難事故予防、子どもが体験し学ぶ

 

川や海で溺れないためにはどうするか――。子ども自身に水辺での安全を考えてもらおうと、ライフジャケットの着用体験を採り入れる保育園がある。

 「本当に浮いた!」

 「すごーい!」

 7月下旬、横浜市泉区のYMCA山手台センター。ライフジャケットを身に着けてプールに入った子どもたちから歓声があがった。

 講座を企画したのは、子どもの事故予防に取り組む非営利団体「Safety Kids いずみ」と、緑園なえば保育園(同区)。年間を通じ同園でさまざまな事故予防の講座を予定。この日は年長の園児25人が参加した。

⇒ つづきはこちらから

●ニューホライズンの副読DVDに掲載されます

皆さん中学生のときの英語の教科書“ニューホライズン“覚えていますか?
来年4月からのニューホライズンの副読本として販売されるDVDにリスクウォッチの“Stop,Drop&Roll”、“Great Escape”クラスが掲載されています。

昨年11月、横須賀にある城北幼稚園でクラスを実施させて頂きました。結構ビデオをとられるのは慣れているのですが、今回はドキドキしてしまいました。
英語の単語を交えて教えると子供たちがリピートします。“Stop, Drop &Roll””Get low under the smoke” 城北幼稚園の子供たちは意味を理解しています。

子供は教えれば必ず答えてくれます。未来のビジネスパーソンたちに、自分の命を自分で守る術を与えます。大きく育って下さい 城北幼稚園、年長さん達!先生方、園長先生、大きな園長先生ありがとうございました。横須賀市消防局にも感謝です!